【えっ!?コレで本当にエンジンがかかるの!?】コンパクトで使いやすい!世界最小のマルチファンクションジャンプスターター

薄さ・軽さの重要性

allcolorsmall
V12マルチチャージャーの特徴は
その圧倒的な薄さと軽さです。

【薄さ14mm、重さわずか210g】

しかし意外にもこのコンパクトさが
マルチファンクションジャンプスターターとして使いやさの最大の決め手なのです。.

 

V12マルチチャージャーの使い方

Howto2
■車載しても邪魔にならない = いつバッテリー上がりが起きて、すぐに取り出せる
■本体が軽くて小さい = 女性ドライバーにもおすすめ

簡単な手順でもしっかりとエンジンを始動してくれます。

V12マルチチャージャーのスペック

■ピーク電流400A ものパワーを出力
■4000ccクラスの車輌まで対応
■最大20台連続でエンジン始動可能

 

 

モバイルバッテリーとしても使いやすい
pocketsize

マルチファンクションジャンプスターター = 多機能なジャンプスターター

バッテリー上がり解消だけでなく
スマホなどの充電もできて当たり前です。

しかし、本体が持ち運びに不便な大きさだと
意味がありませんよね。

V12マルチチャージャーは
ジャンプスターターとしての機能もしっかりさせながらも、
無駄をすべて削り、最大限に小型化することが実現しました。

だからモバイルバッテリーとしてスマホと持ち歩いても違和感なく、
本当の意味で「マルチファンクションジャンプスターター」なのです。

 

V12マルチチャージャーのスペック

140715
■7500mAh (iPhoneフル充電4回分程)
■5V2A出力で最大2倍速の急速充電に対応
■付属のケーブルでmicro USB、mini USB、Dock、Lightning同時充電可能。
■過充電保護機能搭載


マルチファンクションジャンプスターターの決定版
V12マルチチャージャーの詳細は【公式ページ】をご覧ください。

point

Read More

バッテリー上がりの対策|誰でも簡単に対処できる方法を伝授

車を運転している時や放置していても起こる車のバッテリー上がり。皆さんは対策を考えながら車を利用していますか?

バッテリー上がりの対策をしていないと、修理で高額な費用を請求されるといった事もあるため注意してください。今回たまたまこの記事を読んで下さった方で、バッテリー上がり対策がまだお済みでないという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

車のバッテリー上がり対処法の3選

今回は、車の整備知識が無い方でもできそうなバッテリー上がり対処法3つをご紹介します。

1.JAFに依頼する

pasona_38_tp_v
JAFの救援依頼No.1がバッテリー上がりのトラブルという統計が出ている程にJAFへのバッテリートラブルで依頼する方が多いです。こちらの方法は、電話一本するだけでプロの方が修理してくれるため、バッテリー上がりはJAFに依頼する方が多いと聞きます。また、JAFの会員になっている場合は、無料で対処もしれくれます。

・デメリット

JAFに依頼するデメリットとしては会員登録してある場合は無料で対処してくれますが、非会員の場合は修理費用を請求されます。その場合、先ず基本料金として8千円+修理費が掛かるうえにバッテリーの交換も必要となると、3万円~4万円さらにはもっと高額な費用が掛かる場合もあります。

また、JAFを依頼する場所が山奥などとなると救援までに時間が掛かります。

2.ブースターケーブルで対処

mono05494282-151119-02
ブースターケーブルを使った対処法は、バッテリー上がりが起きた車ともう一台別の車のバッテリー同士を接続して電力を分ける方法です。バッテリー上がりを解消する方法として、メジャーな方法だと思われます。

・デメリット

ブースターケーブルを接続するためにもう一台の車が必要になります。そのため、車の交通量が少ない道路だと救援車が現れるのを待つしかありません。また、ブースターケーブルには正しい接続手順が存在しており、この接続手順を誤ってしまうと火災や爆発の危険性もあります。

3.小型ジャンプスターターで対処

allcolorsmall
バッテリー上がり対処法で私が最もおすすめする方法が、この小型ジャンプスターターでの対処法になります。通常のジャンプスターターは大型で車載するにも場所の幅をとるといったデメリットが存在しておりますが、小型ジャンプスターターはスマホなど同程度のサイズとなっているため持ち運びも車載もお手軽です。

また、当サイトでもご紹介している小型ジャンプスターターは、本体と車を接続するだけで簡単にジャンプスタートできるため、初心者でも簡単に行なえます。小型ジャンプスターター「V12マルチチャージャー」の詳細に関しては、下記リンクよりご覧になってみてください。

関連記事:V12マルチチャージャーのスペックと便利な機能

・デメリット

ジャンプスターターを利用するうえでのデメリットは、ジャンプスターターはバッテリー上がりが起きた車のエンジンを掛ける役割りとなっています。そのため、バッテリー上がり対処後は、自身で車を運転しバッテリーを充電する必要があります。(※車のバッテリーは車を走行させる事で充電します。)

小型ジャンプスターターを実際に使用した動画

YouTubeにアップロードされているV12マルチチャージャーを使った動画がアップロードされておりますので、是非ご覧になってみてください。動画内でも紹介されているようにスマホなどのモバイルバッテリーとして使用することもできます。


まとめ

今回は、バッテリー上がりが起きた際に備えての対策法をご紹介してきました。上記でもご紹介しましたが、小型ジャンプスターターでのバッテリー上がり対処法は、一人でもバッテリー上がりの対処をする事が可能になっておりますし、とても小型になっているため持ち運びもしやすいためおすすめです。

V12マルチチャージャーはマニュアルも完備されておりますし、何よりサポート体制も整っている部分は安心して利用できる部分だと思われます。興味がある方は、上記リンクまたは下記リンクよりご覧になってみてください。

>>小型ジャンプスターター|V12マルチチャージャーはこちら

Read More

新登場!24V車のバッテリー上がりを対処できる大容量ジャンプスターターのご紹介

当サイトでもご紹介している車のバッテリー上がりを簡単に解決する事ができる「V12マルチチャージャー」は使ってみましたでしょうか。実際にバッテリー上がりが起こった状態でもたった1分で緊急事態を対処できる優れものになっております。V12マルチチャージャーの詳細に関しては、下記リンクを御覧ください。

関連記事:世界最小のマルチファンクションジャンプスターターの詳細

そして今回は、V12マルチチャージャーに新種類が登場しました!それは、24V車のバッテリー上がりを解決する事が可能なパワーを持った「V12マルチチャージャーX2」ですが、今回はその新商品のご紹介をしていこうと思います。

V12マルチチャージャーX2とは?

今までV12マルチチャージャーは、12V車両なら対応できる機器が存在しておりましたが、24V車に対応できる程のジャンプスターターは存在していませんでした。しかし、今回登場した「V12マルチチャージャーX2」により24V車の大型トラックやボートなどのバッテリー上がりを解決できる優れものになっております。こちらをフル充電しておくだけで、大型車両でも連続約20回のバッテリー上がりを解決できる優れものになっております。

また、大型車両のバッテリー上がりを解決できるジャンプスターターと聞くと、今までのV12マルチチャージャーのメリットが無くなってしまう程に大型化してしまうのではないかと思われます。しかし、強力なパワーを持ったV12マルチチャージャーX2もサイズを限界にまで収め、今回も小型サイズを実現したため持ち運びがしやすくなっております。

capture-20160808-184333
最近は、普通車でも24V車の車も存在するため今後活躍が期待されるジャンプスターターかと思われます。

バッテリー上がりは初心者が行っても安全なの?

このような便利なジャンプスターターが存在していたとしても初心者の方が最も不安に感じる部分が初心者でも安全にバッテリー上がりを解消する事ができるのかってところですよね。便利な機器があっても危険な作業ならJAFなどのロードサービスに依頼した方が良いですよね。

しかし、V12マルチチャージャーX2には、バッテリー上がりを解消する際に誰でも安全に行えるように誤作動を防止する事が可能なセーフティーケーブルが付属されています。更にこの付属されているセーフティケーブルですが、なんと!12Vと24V両方に対応している保護セーフティケーブルは世界初になります!

capture-20160808-185808
もし、ケーブルの逆接続を行ったとしても失敗を防止してくれる便利なケーブルになっておりますので、誰でも安心してジャンプスタートする事が可能となっております。

モバイルバッテリー機能は搭載されているのか?

V12マルチチャージャーには、iPhoneやスマホを充電する事が可能なモバイルバッテリー機能も搭載されておりますが、V12マルチチャージャーX2は果たしてどうなのか。

もちろん、今回のV12マルチチャージャーX2にもモバイルバッテリー機能が搭載されておりまして、iPhoneやスマホ以外にもデジカメ、タブレット、ノートPC等の充電が気軽に行えるようになっております。更に、あの大容量V12マルチチャージャーGT(18,000mAh)を超える容量24,000mAhの大容量モバイルバッテリーとなっています。

この容量は、フル充電時に最新のiPhone6sでも約12回程の充電が可能な大容量になっています。最近では、ポケモンGOでiPhoneやスマホの充電が切れるといった方にも便利ですし、これからの夏休みシーズンは外出なども多くなるかと思われますので、大容量モバイルバッテリーを常備しておいて損はありませんよ!

まとめ

今回は、新登場したV12マルチチャージャーX2をご紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。

特に今回登場したジャンプスターターは、大型車両に乗る事が多い方に是非ともオススメしたいジャンプスターターになります。基本的には、大型トラックのバッテリー上がりが起きてしまうと、同サイズの救援車が必要になりますが、このV12マルチチャージャーX2があればそんな心配は必要なくなりますよ。

興味がある方は、下記ページより詳細を確認してみては如何でしょうか。

>>24Vのバッテリー上がりにも対応!V12マルチチャージャーX2はこちら<<

Read More

ポケモンGOの長時間プレイにはモバイルバッテリーが必須?

2016年の7月に日本でもポケモンGOが遂にリリースされましたね。GPSでリアルタイムにポケモンをゲットする事ができますし、ゲットしたポケモンを育成する事でジムに挑戦・対戦したりとやり込みが多いため人気が高いスマホアプリとなっています。

しかし、私もポケモンGOをプレイしていますが、やはり気になるのはiPhoneやスマホのバッテリーの消費が早いところですね。ポケモンを探すために1日中スマホを起動していると、知らない間に電池が空だったという事もあるため、ポケモンGOをプレイするならモバイルバッテリーを持ち歩くようにしましょう。

当サイトのおすすめモバイルバッテリー

ポケモンGOをプレイする際にオススメなモバイルバッテリーが当サイトでもご紹介している「V12マルチチャージャー」です。

capture-20160727-160131
こちらのV12マルチチャージャーのメイン機能は、排気量4000ccまでの車のバッテリー上がり解消に使われるジャンプスターター機能ですが、モバイルバッテリーとしての機能も搭載されております。こちらのV12マルチチャージャーは、車を連続で約20台分のジャンプスタートを可能にしているパワーが備えられているうえに【容量7,500mAh】も搭載されております。

容量が多く搭載されているモバイルバッテリーとなっているためV12マルチチャージャーをフル充電させておけば、最新のiPhone6Sでも1日に約4回もフル充電させる事が可能となっております。ポケモンGOをするために外出する事が多い方にとって便利なモバイルバッテリーだと思われます。

もし、V12マルチチャージャーの容量でも足りないという方には、下記のモバイルバッテリーがオススメです。

V12マルチチャージャーはこちら

大容量モバイルバッテリーを求めている方はこちら

capture-20160727-160038
更に大容量モバイルバッテリーが欲しい!といった方には、「V12マルチチャージャーGT」がオススメになります。

こちらのモバイルバッテリーを簡単に説明すると、V12マルチチャージャーでは対応できなかった12V車両のバッテリー上がりをほぼ対応できるうえにモバイルバッテリーとしての【容量18,000mAh】となっており、V12マルチチャージャーの約2倍以上のパワーを持っているモバイルバッテリーになります。

こちらのモバイルバッテリーがフル充電時には、iPhone6sなら約7回フル充電する事が可能となっています。また、V12マルチチャージャーGTならスマホやiPhoneの他にもノートPCや掃除機、小型冷蔵庫といった物まで充電できるパワーが備わっているのは驚きですよね。

V12マルチチャージャーGTはこちら

まとめ

ポケモンGO楽しいですよね。私も休日は基本的に自宅に篭っているタイプなのですが、ポケモンGOをプレイし始めてから外出する事が多くなった程にこのゲームに大ハマリしてます(笑)

最近は、私も外でポケモンをプレイするのでモバイルバッテリーが必須になってしまいました。もし、私と同じくポケモンユーザーの方がいましたら上記のモバイルバッテリーを試してみては如何でしょうか。大容量予備バッテリーがあるだけで安心感が全く違いますよ!

Read More

V12マルチチャージャーが値下げ!?お買い求め安い価格に

DSCN4411
最近は、バッテリー上がりといえばジャンプスターターを利用した方法が簡単でオススメです。ジャンプスターターも種類が増えてきており、大容量バッテリーを搭載した物から防水機能を搭載し悪天候でも問題なく利用できるジャンプスターターまで登場しております。

そのバリエーションが存在する小型ジャンプスターターこそ当サイトでご紹介している「V12マルチチャージャー」です。今回はなんと!あのV12マルチチャージャーシリーズが値下がりになりました。どの程度安くなったかは下記に記載していきましょう。

そもそもV12マルチチャージャーとは?

V12マルチチャージャーとは、突然起きた車のバッテリー上がりを解消できる小型ジャンプスターターになっております。手のひらサイズで持てる程に小型になっており、車のダッシュボードに入れておくだけでいざという場面のバッテリー上がりを解消する事ができます。

また、V12マルチチャージャーは、iPhoneやスマホ等といった充電もできるモバイルバッテリー機能も搭載しております。V12マルチチャージャーの容量が7,500mAh搭載しており、フル充電時に最新のiPhone6sなども約4回分も充電できる大容量バッテリーを搭載しております。

そんなV12マルチチャージャーがこの度は価格が下がり、お買い求めやすくなりました。

価格改定後のお値段

V12マルチチャージャーの改定後の料金は以下のようになっております。

 
  • V12マルチチャージャー   9,800円→7,980円
  • V12マルチチャージャーGT   19,980円→17,980円
  • V12マルチチャージャー     12,980円→10,980円
 

V12マルチチャージャーをいざという時のためにこれを期に購入してみては如何でしょうか。

まとめ

バッテリー上がりというのは、突然起こるものです。その時に備えて小型ジャンプスターターを常備しておく事で緊急事態に備える事が可能です。

この期にV12マルチチャージャーの詳細を下記から御覧頂いてみては如何でしょうか。

>>V12マルチチャージャーの詳細はこちら!<<

Read More

日本初!防水機能を搭載したジャンプスターターが登場

capture-20160517-142750
このサイトでもご紹介させて頂いているバッテリー上がりを簡単に対処する事ができるV12マルチチャージャーですが、今回は「V12マルチチャージャーBLACK LABEL」が登場しました。

V12マルチチャージャーBLACK LABELとなり、どのような機能が強化されたのか気になる所があると思われます。そこで、今回は進化した機能によってどのような場面で活躍するのか?といった事について触れていきたいと思います。

V12マルチチャージャーBLACK LABELとは?

今回登場したV12マルチチャージャーBLACK LABELは、ジャンプスターターでは滅多に搭載されている事が無い汎用性の高い機能が搭載されております。

ガゾリン車5000ccまで対応!

サイト内でもご紹介しているV12マルチチャージャーはガソリン車4000ccまで対応しているに比べて、V12マルチチャージャーBLACK LABELはガソリン車5000cc、ディーセル車3000ccまでのジャンプスタートに対応しております。5000ccまで対応した事により高級車や外車まで対応できる車両が大幅に増えました。

また、スノーモービルやモーターボート等のバッテリー上がりも解消できるため、アウトドアでも活躍する事間違いなしです!

日本初!防水機能を搭載

capture-20160517-150122
 

V12マルチチャージャーBLACK LABELは、日本で初めての防水機能を搭載したジャンプスターターになります。

JIS規格IPX6.5相当の耐水力を備えており、雨天時のバッテリー上がりや誤って水溜まりに落としてしまった場合でも問題なく利用する事が可能です。ジャンプスタート機能以外にもモバイルバッテリー機能も搭載している事から水回りの心配が無いのは安心できますよね。

リチウムマンガン電池を搭載

日本で発売されているジャンプスターターの多くは、リチウムポリマーやリチウムイオンといった電池が使用されています。しかし、V12マルチチャージャーBLACK LABELは「リチウムマンガン電池」が搭載されており、安定した高出力と安全性の高い電池となっているためオススメです。

iPhoneなどの急速充電に対応!

V12マルチチャージャーシリーズは、バッテリー上がりを解消する事ができるジャンプスタート機能以外にもモバイルバッテリーとしての機能も搭載しております。BLACK LABELの容量は、8000mAhとなっているため最新のiPhone6sならフル充電時に約4回もの充電を行う事が可能になっています。

また、最大2倍速の急速充電にも対応している事からバッテリー上がりが起きた時以外にもモバイルバッテリーとして優秀な活躍が期待できるかと思われます。

まとめ

今回ご紹介したV12マルチチャージャーBLACK LABELの紹介は如何でしたでしょうか。

ジャンプスターターでは基本的に搭載されていない防水機能がある事から誤って水たまりに落とした場合にも問題はありませんし、安定かつ安全性のあるリチウムマンガン電池を使用しているのも大きなメリットだと思われます。

>>防水機能を搭載したV12マルチチャージャーBLACK LABELはこちら!<<

 

また、V12マルチチャージャーシリーズには他にも大容量の「V12マルチチャージャーGT」が存在します。こちらは電池容量が18,000mAH、最大電流700Aとなっており、12Vの車両なら基本的にどの車両でもバッテリー上がりの対処に使え、連続25台分のジャンプスタートも可能となっています。

12Vの車両なら車やバイク以外にもボート、ヨット、軽トラなどにも利用できるためオススメできる大容量ジャンプスターターです。V12マルチチャージャーGTについては、こちらのサイトの関連ページをご覧下さい。

関連記事:V12が進化!おすすめ新型大容量ジャンプスターターのご紹介

Read More

旅行中に車のバッテリー上がりが起きた場合の対処法

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

 

2016年4月も残り2週間ほどでゴールデンウィークがきますが、皆さんは旅行の予定などは決まりましたでしょうか?

帰郷する方もいれば、遠くへ旅行に行く人など様々だと思いますが、その中でも特に注意してほしいのが、車を使用して旅行先などへ遠出する方々です。それは何故かというと、車のバッテリー上がりが起こる可能性があるからです。バッテリー上がりは突然起こるため、急に起こったら楽しい旅行も気分台なしになりますよね・・・。

そこで、車のバッテリー周りにあまり詳しくない方でもバッテリー上がりを簡単に対処できる方法があるので、ご紹介していきます。その前に何故、車のバッテリー上がりが起こるのか?という事から解説していきたいと思います。

バッテリー上がりが起こる原因

先ず、バッテリー上がりが起こる原因が車の渋滞で止まっている場合になる事があります。

基本的に車は走行する事でバッテリーを充電し、車内のエアコンやライトなどの電装品を利用する事ができるのです。しかし、渋滞時などの車が停車した状態が続いた際に車内のエアコンやライトを利用していると電力がただ消費され、バッテリー上がりが起こる可能性があります。

渋滞中は、車内のエアコンなどの電装品を調整しながら・・・といっても難しい話ですよね。気がついたら「あれ?車が動かない・・・」という事にもなりかねません。

そこで、便利なのが小型ジャンプスターター「V12マルチチャージャー」です。

V12マルチチャージャーとは?

DSCN4417
ジャンプスターターと聞くと大型で重量のある物を想像するかと思いますが、こちらのV12マルチチャージャーは小型のジャンプスターターとなっており、手のひらサイズになっている事から持ち運びも簡単に行う事が可能です。また、マニュアル通りの手順で作業を進めるだけでJAFなどのロードサービスを呼ぶ必要もなく、自分で2分~3分ほどで対処する事が可能です。

3step

モバイルバッテリー機能も搭載!

V12マルチチャージャーはバッテリー上がりを速攻で解決できるのは凄いけど、バッテリー上がりは頻繁に起こるものじゃないから必要ないな・・・。そう考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、V12マルチチャージャーはジャンプスタート機能の他にも「モバイルバッテリー」としても利用できるのが嬉しいところです。V12マルチチャージャーの容量は7500mAHもある事から最新のiPhone6Sも約4回フル充電させる事が可能です。その他にもタブレット、デジカメ、Wi-Fiルーターといった製品まで充電させる事ができる汎用性の高いジャンプスターターになっています。

DSCN4423
モバイルバッテリーの機能まで搭載したジャンプスターター【V12マルチチャージャー】の詳細は下記ページから御覧ください!

V12マルチチャージャー_468×60vintage

Read More

ジャンプスターターの基本的な使い方について

PAK88_wagonyukimichi20140208143635_TP_V
ドライブや旅行中に車のバッテリー上がりのトラブルに襲われた場合どうしていますか?

車を運転している方に突然起きるバッテリー上がりトラブル・・・。定期的にエンジン周りのメンテンナンスを行っている方は問題無いとは思いますが、自分の車を毎日整備しているという方は、そこまで多くないと思います。

このエンジンが掛からなくなる現象は「バッテリー上がり」と言い、JAFへのお問い合わせ案件No.1と非常に多いです。

バッテリー上がりは、

  • 車中ライトの消し忘れ
  • 渋滞での運転
  • 車を運転しなさ過ぎても起こるバッテリーの過放電  
などで起き、JAFなどのロードサービスへ連絡をする事が多いのです。

バッテリー上がりは、JAFを呼ばずとも「ジャンプスターター」があれば、誰でも自力で復活させる事が可能な事はご存じですか?JAFに依頼すると、場所によっては時間が掛かりますし、非会員だと高額な料金が掛かる場合もあります。

そのため、今回はジャンプスターターの使い方を学んでバッテリー上がりは自力で解決できるようになりましょう!

ジャンプスターターのオススメ

capture-20160309-145617
一般的なジャンプスターターと言えば、左画像のような大型で重い物を想像していませんか?最近のジャンプスターターは小型化で大容量が実現しており、持ち運びもスムーズに行えるようになっています。

そこで、小型化+大容量バッテリーを実現したのが「V12マルチチャージャー」です。V12マルチチャージャーを持ってみましたが、驚くことに手のひらサイズで収まってしまいます!

 

DSCN4417
今回は、このV12マルチチャージャーの使い方をご紹介します。

ジャンプスターターの使い方

V12マルチチャージャーと車を接続する方法は下記の3ステップだけです!

3step
慣れない土地でバッテリー上がりが起きたらJAFなどのロードサービスが到着まで時間がかかりますが、ジャンプスターターを利用し、この簡単な3ステップだけでバッテリー上がりが解消できるのは嬉しいですよね。

V12マルチチャージャーがTVショッピングで紹介された動画もあるので、こちらもご覧頂いてみてはどうですか!



大きさは、スマホと変わらず運びやすいため、オススメのジャンプスターターです。

更にジャンプスターター以外にもモバイルバッテリーとして利用する事も可能です。「V12マルチチャージャー」の容量は7500mAHとなっており、iPhoneの充電4回分にも相当し、持ち運びやすいサイズになってますので汎用性が高いジャンプスターターとなっています。

V12マルチチャージャーは【こちら】から!

Read More

V12が進化!おすすめ新型大容量ジャンプスターターのご紹介

P1380724

車を運転していると突然起きる車のバッテリー上がり。
バッテリー上がりが起きると、待ち合わせ時間に間に合わない事や楽しみにしていたドライブができない・・・

バッテリー上がりが起きた際の対策としては様々な方法がありますが、ジャンプスターターでの方法が時間も掛からない上に簡単なのでオススメです。
また、最近のジャンプスターターは小型化で多機能な物が多く、持ち運びも簡単にできるようになっています。

そこで、今回はオススメの小型で大容量ジャンプスターターをご紹介します。

ジャンプスターターとは?

ジャンプスターターとは、バッテリー上がりが起きた際にジャンプスターターと車をブースターケーブルで接続し、エンジンを掛ける電力を供給してくれるツールです。

車を運転している際に急にバッテリー上がりが起こったとします。
JAFなどのロードサービスを呼ぶことも一つの手ですが、ロードサービスは連絡後、場所によっては到着が遅くなる事もあります。

 

その時に小型のジャンプスターターを1つでも持っていれば、緊急時に自力でエンジンを復活させる事も可能です。

バッテリー上がりが起きやすいのは、寒い冬の季節に起きやすいのはご存じですか?
いつ起こるかわからないバッテリー上がりの対策として、利用してみては如何ですか。

そこで、オススメのジャンプスターターが「V12マルチチャージャー」と言いたいところですが、今回は「V12マルチチャージャー」が進化し、新商品が登場しました!

V12が進化!V12マルチジャージャーGTの性能

V12が進化し、大容量バッテリーを搭載した「V12マルチチャージャーGT」が登場!
容量は18000mAh。700A高出力となっており、
  • 国産車・外車
  • バイク
  • ボート
  • スノーモービル
などのバッテリー上がりに対応する事が可能です!
更に一度の充電で12Vの車両であれば、約25回分のジャンプスタートもできるのです。

3段階LEDライトも搭載しているため、暗いところでの作業も心配なさそうです。

v12gt_pointimg05 (1)
 

「容量が多くて便利だけど、バッテリー上がりにしか使えないじゃん・・・」と、思った方。V12マルチチャージャーGTは、ジャンプスターター以外にも便利な機能を搭載してます。

それは、V12と接続するだけで「スマホ」「タブレット」「PC」などの生活家電を充電できます。

普段、バッテリー上がり以外の場合は大容量モバイルバッテリーとして利用する事もできるという事ですね。

 

P1380724
 

この18000mahの容量だと、iPhone6sを約7回フル充電できる容量にあたるため、とても重宝します。

 

一度、私も新型V12を触ってみましたが、このサイズだったら持ち運びには問題ない大きさだと思いました。

私の手では参考にならないかもしれませんが、参考画像は下記にあります。

 

P1380732
 

V12は保証制度もしっかりしていますし、実績のある商品の後継機のため、安心できます。
V12マルチチャージャーGTは他にも紹介しきれていない機能があるので、詳細は下記ページからご覧下さい!

>>詳しくは製品ページをチェック!

Read More

マルチファンクションジャンプスターター|バッテリー上がりをどこでもすぐに解決できるモバイルバッテリー

旅行中、ドライブのデート中、急いでるときに限って

こんなタイミングの悪いときにバッテリーが上がってしまって

車のエンジンが掛からない・・・

どうしますか?

batterdead


JAFを呼んで時間や経費を無駄にしたり、

周りに助けを求めて恥ずかしい思いもせず

 

『V12マルチチャージャー』があればいつでも、どこでも、スマートに解消できます

 

V12マルチチャージャーを使ってみた

私もV12マルチチャージャーを使っていますが、
薄さ14mm、重量わずか200g程。
ダッシュボードや収納スペースに保管しても邪魔になりません。
holding
 

車に保管する場合はシガーソケットで充電できるのが便利です。
私はドライブに出かけるときにシガーソケットで充電させています。
定期的に充電させることでバッテリーの良好な状態が保てますし、万が一のときに備えられます。

 

carcharge
 

 

専用のブースターケーブルはダッシュボードの中に保管するのがおすすめです。
まだバッテリーは上がったことないですが、車にあると安心です。

 

dashboard
 

本体はカバンの中やポケットで持ち歩いてます。
おしりのポケットに入れても違和感がありません。

inbag
 

スマホの充電に使っています。
容量が7500mAhもあるので大体3~4回のフル充電に使えます。
2泊3日の旅行でネットで調べ物をしたりGoogle Mapを観てて電池の消耗が激しくても余裕がありました。

chargephone
 

バッテリーが上がったら車載しておいたジャンパーケーブルつないで、
車のエンジンを始動します。

(※詳しい使い方は商品ページをご覧ください)
howto5enginefilm
 

V12マルチチャージャーは小さいだけでなく、
機能もしっかりしています ↓

■4000ccクラスまでの車輌に対応
■最大400Aの電圧を出力し、20台の車を連続で始動できるパワー
■過充電防止、自動パワーオフ機能で安全性も◎
■7500mAH、複数の端末を同時に充電
■5V2AのUSB出力でスマホ・iPhoneの急速充電に対応

 

>>詳しくは製品ページをチェック!

point

Read More